スタッフブログ

「2014年3月」のブログ記事

住まいの創造展。

こんにちは!
青森の住宅といえばアップルハウジングの佐藤です!

先週末、3月7〜9日に岩手産業文化センターで行われた
吉田産業さん主催の「2014住まいの創造展」に参加してきました。

P1060989_2.jpg


「住まいの創造展」は、一流メーカーの最新情報と各種の工法が
一覧できる東北最大級の住宅資材総合展示会として、
1977年の第一回開催以来、2014年3月開催で37回目を数えるビッグイベント。

P1060987.JPG


なかなかのビッグイベント。

P1060986.JPG


いや〜勉強になりました。
常に最新の建材や工法の情報を集めることは大事ですね。





クレテック金物とは?

こんにちは!
青森の住宅といえばアップルハウジングの佐藤です!

前回に引き続きYSストロングフレームのプレカット工場です。

P1060875.JPG

在来軸組工法の継手部分に「接合金物」を使うことで、在来木造建築構造体を完全に緊結。
従来の継手部分をガッチリ固定し、高品質・高強度を実現します。

さらに、クレテック金物は、厚さ3.2mmの鋼板を黒色ストロンジンク処理を施し加工したもので、
従来の接合強度をはるかに上回る強度を持つ接合金物です。

「YSストロングフレーム」は、土台・柱・梁など構造用集成材の端部に2本のスリット加工を施し、
これらをクレテック金物で接合する「メタルジョイント工法」なんです。


P1060874.JPG

どんな良い建材も、使う人によって効果に差が出ます。
常に勉強、勉強。
全ては、良い住宅を低価格でお施主様に届けるために。



YSストロングフレームは強い。

こんにちは!
青森の住宅といえばアップルハウジングの佐藤です!

当社では、吉田産業さんのYSストロングフレームを使用しており
勉強のため、専用プレカット工場を見学に行ってきました。

ちなみに、当社は2年連続(2012年、2013年)で

「YSストロングフレーム施工実績」青森県ナンバーワンなんです(自慢)。

P1060867.JPG


YSストロングフレームのプレカットは半自動専用ラインで行っていますので、
より精度の高いプレカット材を提供することが可能なんだそうです。

P1060869.JPG


構造用集成材はバラツキの少ない均一な強度が保たれています。
YSストロングフレームで使用する木材は、JAS規格の集成材なので、
使用環境に対応した平衡含水率近くに仕上げてあり、曲がりやそりなどの狂いが少なく、
長期にわたり高い寸法安定性を保つことができます。
つまり、高気密・高断熱住宅に適した資材と言えます。

また、強度も無垢材の1.5倍以上あります。
すごいですね〜YSストロングフレーム。


そして、当社は2年連続(2012年、2013年)で

「YSストロングフレーム施工実績」青森県ナンバーワンなんです(再度、自慢です)。

断熱は大事です。

こんにちは!
青森の住宅といえばアップルハウジングの佐藤です!

吉田産業の住まいのショールーム(八戸市)には、
断熱材や石膏ボードのコーナーもあり、
様々な建材を比較することができます。

P1060901.JPG

断熱材や石膏ボードは、建物が出来上がってしまうと
目に見えない部分であるからこそ
きっちりと特性を理解し、高い技術で施工することが求められます。

P1060908.JPG

我々もお施主様に分かりやすく説明できるように
専門用語を使わずに説明する方法を勉強中。

P1060906.JPG

建ててしまうと、お施主様からは見えなくなる
隠れてしまう部分にこそ、会社の姿勢が見えるような気がします。


| 1 |

カレンダー

<   2014年3月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のコメント

このページのトップへ